京都もみじ便り 2015

Vol.5 豊国神社の大イチョウ

2015-11-10

豊国神社1

 

京都もみじ便りVol.5は、「ほうこくさん」と呼ばれ親しまれている、東山の豊国(とよくに)神社に行ってきました。今回は秋のイチョウの美しさをお届けします。

太閤・豊臣秀吉を祀る豊国神社

豊国神社へは、京阪七条駅から徒歩10分ほどで到着。近隣には京都国立博物館や三十三間堂があり、とても落ち着いた観光エリアです。

豊国神社は豊臣秀吉を祭神とし、境内には秀吉が築いた伏見城から移築された唐門があります。ちなみに、西本願寺の唐門も伏見城から移築されたもの。大徳寺の唐門は秀吉が聚楽第から移築したもので、これら三つは国宝となっています(京都の国宝三唐門)。

 

豊国神社2
唐門の両脇にある石灯籠は、秀吉恩顧の大名が寄進したもの。

 

 

豊国神社3

 

 

秋の見どころは大イチョウ

豊国神社では、大イチョウの木が境内のシンボル的な存在。今日も参詣者を温かく見守っています。紅く色付く楓だけでなく、黄色に色付くイチョウで秋を感じてみてください。

 

豊国神社4
鳥居横の大イチョウ

 

 

豊国神社5

 

豊国神社
寺社名 豊国神社
住所 京都市東山区大和大路正面茶屋町
電話番号 075-561-3802
URL

この記事を書いた人

小東けんじ
京都生まれ京都育ちなのだが、南部のはずれ出身のため「京都っぽさ」が希薄で誰にも気付かれない。
首からカメラを下げると新聞記者のおっさんにしか見えないけれど、今日も元気に都大路を東奔西走する。