見どころ

おどりまわる三匹の鬼を退治せよ!―廬山寺節分会

2016-02-05

紫式部の邸宅跡、源氏物語の執筆地として知られる廬山寺は、一風変わった節分会で毎年人気を集めています。通称「鬼おどり」と呼ばれる、ストーリー性のあるユーモラスな鬼退治は一見の価値ありです。

白鬼による身体健全の御加持が受けられる

廬山寺の節分会「追儺式鬼法楽」は、通称「鬼おどり」と呼ばれます。出現する三匹の鬼(赤・青・黒)は、貪欲(欲)・瞋恚(しんに)(怒り)・愚痴(ねたみそねみ)の三毒を表現しています。年の変わり目とされる節分にこの三毒を追い払い、新しく始まる一年の健康と幸せを祈る伝統的な行事です。そして何より、鬼退治をする日に「鬼による」御加持を受けられるのが廬山寺の節分会の特徴です。鬼は鬼でも、邪気払いをされた白鬼なのです。

 

廬山寺
京都御所の東側(梨木神社と寺町通を挟む)に位置する廬山寺。

 

 

廬山寺 - 節分会
一連の行事に参加すると長丁場になるので、暖かくして出かけよう。

 

 

廬山寺 - 大師堂前
14時すぎには舞台前が観客であふれる。早めの来場がおすすめ。

 

 

廬山寺 - 鬼のお加持
身体の悪い箇所を伝えると、宝剣をかざして祈祷してくれる。鬼おどりの前後に2回、鬼の御加持の時間が設けられている。

 

 

 

力強くもゆったりとした鬼おどり

太鼓と法螺貝の音とともに、赤鬼・青鬼・黒鬼が大師堂前の舞台上に勇ましく出現します。三匹の鬼は足拍子をとっておどりはじめ、堂内で執り行われている厄除け開運、福寿増長の護摩供を妨げます。ゆったりとした動きでありながら手強そうにみえますが、護摩供に加えて追儺師による邪気払いの法弓、蓬莱師・福娘から撒かれた蓬莱豆・福餅の威力を前に鬼たちは力を失い、堂内を追い出されます。よたよたと倒れそうな姿をみると少しかわいそうな気も……。境内のあちらこちらからは、鬼の姿を目の当たりにした子どもたちの泣き声が聞かれました。

 

廬山寺 - 入場1
松明と宝剣を持った赤鬼が堂々と登場。

 

 

廬山寺 - 入場2
赤鬼につづいて大斧を持った青鬼、大槌を持った黒鬼が出現。

 

 

廬山寺 - 赤鬼
力強く宝剣を振りかざす赤鬼。松明によって迫力が増している。

 

 

廬山寺 - 青鬼・黒鬼
腰を低く落として大斧、大槌を振り下ろす青鬼と黒鬼。

 

 

廬山寺 - 法弓
追儺師が東・西・南・北・中央の五ヵ所に向かって矢を射る。

 

 

廬山寺 - 鬼退散
邪気払いをされ、堂内から追い出された鬼たちが、ふらふらしながら退散していく。

 

 

家族みんなで食べたい! 六年寿命が延びる紅白の蓬莱豆

鬼が退散したあと、蓬莱師と福娘によって観客に福餅と蓬莱豆が撒かれます。廬山寺の蓬莱豆は紅白の砂糖で大豆をコーティングした、甘くておいしく見た目にもかわいい豆です。紅白どちらか一粒で三年、二粒で六年寿命が延び、福餅を食べると開運出世するといわれています。また、餅撒き・豆撒きでゲットできなかった人は、授与所で祈祷されたものを購入することができます。ぜひとも持って帰って、家族と一緒に一年の健康を祈りながら食べたいですね。

 

廬山寺 - 豆・もち撒き
「福」の字が入った福餅を拾ったら、破魔矢と交換してもらえる。

 

 

廬山寺 - 恵方巻
授与所では恵方巻(1,000円)も購入できる。

 

 

廬山寺 - 蓬來豆
紅白の豆は、ご本尊の魔滅(豆)大師といわれた元三大師を表現している。
蓬莱豆(左:400円、右:100円)、福餅(150円)。

 

天台圓淨宗 大本山 廬山寺
寺社名 天台圓淨宗 大本山 廬山寺
住所 〒602-0852 京都市上京区寺町通り広小路上る北之辺町397
電話番号 075-231-0355
URL http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/

この記事を書いた人

ik
和歌山出身。10年の京都生活を経て上京しました。隅田川を横目に、鴨川が恋しい毎日です。1つでも多くの「東京で感じられる京都」を発見したいと思います。