見どころ

大豊神社で風格あるしだれ梅を楽しむ

2016-03-22

京都には様々な梅の名所があります。梅園で見る華やかな梅も素敵ですが、1本だけ咲き誇る梅もまた風情があり魅力的です。そんな風情ある梅が見られる、東山の大豊神社を紹介します。

哲学の道に佇む古刹

世界遺産銀閣寺へと続く哲学の道の途中に、ひっそりと佇む大豊神社があります。大豊神社は第59代宇多天皇の病気平癒を祈願して889年に創建された、歴史のある神社。こぢんまりとした境内は多くの人で賑わう哲学の道とは対照的で、静かで落ち着いた雰囲気です。境内奥の末社には、全国的にも珍しい狛子をはじめ、狛鳶、狛猿の姿を見ることができます。

 

大豊神社 - 境内
名勝地にも指定されている。境内には舞殿や本殿の他に、大国社や稲荷社、愛宕社や日吉社がある。

 

 

大豊神社 - 狛子
大国社の狛子。大国主命が野火に囲まれた際にねずみが命を救ったという神話に基づいている。

 

 

趣のあるしだれ梅

大豊神社は季節ごとに美しい花が楽しめる場所でもあります。この時期に見られるのが、本殿隣にあるしだれ梅。樹齢250年にもなる梅の木が、鮮やかな紅の花を咲かせています。3月末から4月になるとしだれ桜との共演が見られることも。花に彩られて華やぐ本殿は見物です。

 

大豊神社 - しだれ梅1
本殿に向かって右にしだれ梅、左にしだれ桜がある。

 

 

大豊神社 - しだれ梅2
遅咲きのしだれ梅はちょうど見頃を迎えている。

 

 

京都随一の椿の名所

また大豊神社は椿の名所としても知られています。3月から4月にかけて、境内のあちこちで椿を見ることができます。境内には30本を超える椿の木があり、不老門や仙人、京錦や綾部など種類も様々で見応えがあります。椿が終わると、次は紫陽花や下野草などが見頃を迎えます。美しい花々がほっと心を和ませてくれる、大豊神社を訪れてみませんか?

 

大豊神社 - 椿1
色鮮やかな椿。1本1本種類が違っているので見比べても楽しい。

 

 

大豊神社 - 椿2
五色八重散椿。ひらひらと花びらが散っていくのが特徴。

 

大豊神社
寺社名 大豊神社
住所 京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
電話番号 075-771-1351
URL

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。