見どころ

春爛漫の植物園で美しい花々を愛でる

2016-04-14

京都府立植物園は今、色とりどりの春の花で満たされています。春の光に柔らかく映える春の花々は、見ているだけで心が安らぐもの。日々の喧噪を離れ、ゆっくり花を愛でませんか。

日本最古の公立植物園

京都府立植物園は、日本初の公立総合植物園として、大正13年(1924)に開園しました。戦時中は食糧増産のために一部が菜園となり、戦後は連合軍に接収されるなど、樹木が多く伐採された受難の時期もありましたが、昭和36年(1961)に美しい姿を取り戻し再開園しました。

 

京都府立植物園
広い園内には季節の花が楽しめる花壇やばら園、観覧温室のほか、自然林のなからぎの森などがあり、見所が盛りだくさんだ。

 

 

京都府立植物園 - チューリップ
早春の球根ガーデンも花盛り。さまざまな色や形のチューリップが咲きそろっている。

 

 

春の植物園は百花繚乱の美しさ

3月から4月にかけて、植物園内は春の花で満たされます。450本の桜が次々に花開き、春を彩ります。チューリップやキンギョソウ、ムスカリなど色鮮やかな愛らしい花々も咲き競い、来園者の目を楽しませています。様々な花の共演が楽しめるのは、植物園ならではです。

 

京都府立植物園 - ボケ
色鮮やかなボケも見頃を迎えている。

 

 

京都府立植物園 - 桃
同じ枝から違う色合いの花が咲く桃など、普段目にすることの少ない変わった品種が楽しめる。

 

 

見所満載の観覧温室で世界旅行

回遊式になっている観覧温室は、熱帯のあらゆる植生や高山植物などが観賞できます。ジャングルあり、砂漠あり、一周すれば世界旅行をした気分。バナナやパイナップルなどお馴染みの植物もあり、会話が弾むこと請け合い。熱帯の不思議な植物たちに会いに行きましょう。

 

京都府立植物園 - アリストロキア・サルバドレンシス
ダースベイダーにそっくりだと話題になったアリストロキア・サルバドレンシス。

 

 

京都府立植物園 - サボテン
多肉植物好き女子必見!?圧巻の大きさのサボテンや、愛らしい多肉植物を観覧しよう。

 

 

京都府立植物園 - フクシア
テーマに沿った展示も見所の一つ。今後はフクシア展(4/22〜5/8)やエビネ展が開催される。ホームページでチェックしよう。

 

京都府立植物園
施設名 京都府立植物園
住所 京都市左京区下鴨半木町
電話番号 075-701-0141
URL http://www.pref.kyoto.jp/plant/

この記事を書いた人

にっしー
音楽と文学をこよなく愛する関西人。母なる琵琶湖のほとりで生まれ育ち、京都に移り住んで十数年。バス停で困っている修学旅行生に道案内をするのが趣味。