見どころ

京都の夏の風物詩、五条坂の「陶器まつり」

2016-08-12

全国最大の陶器市である、五条坂の「陶器まつり」が今年も開催されました。掘り出し物を求めて全国からファンが訪れる、京都の夏の風物詩。老舗から若手クリエイターまで、約400ものお店が並び、必ず「お気に入り」が見つかるはずです。陶器まつりで、自分だけの特別なやきものに出会ってみませんか。

 

陶器まつり - 昼全景

規模は全国最大、歴史ある陶器まつり

「陶器まつり」が行われる五条坂は、清水焼・発祥の地。毎年8月7日〜10日に行われる、六道珍皇寺の「六道まいり」を訪れる人々に対して、やきものを安く売り始めたのがきっかけだったと言います。現在の陶器市でも、並ぶ品々はやはりお値打ち価格。憧れのやきものがお得に買えるチャンスです。

 

陶器まつり - 店先
出ているお店の中には、大幅なディスカウントを行っているところも。とくにアウトレット品などは500円以内で買えるものも多く、気軽にやきものを手に入れられる。

 

 

老舗から若手クリエイターまで。バリエーション豊かな品揃え

ずらりと並ぶお店の中には、新進気鋭のクリエイター作品もたくさん。ぱっと目を引く個性的なデザインも多く、他ではなかなか出会えないものばかりです。そして言うまでもなく、伝統の老舗も魅力的。この幅の広さが、全国のやきものファンを惹きつけるのです。

 

陶器まつり - 昼俯瞰
五条通りの両側に、ずらりと並んだお店たち。北側は老舗が多く、南側は若手クリエイターが多いのだとか。

 

 

陶器まつり - 蚊取り線香

 

陶器まつり - 猫
品物にはうつわだけでなく、陶器のアクセサリーや箸置き、インテリアなどもある。とくに多いのが猫系アイテムで、猫ファンなら必ず欲しくなること請け合い。

 

陶器まつり - ナナフシ

 

陶器まつり - クリエイター
他では絶対に出会えなさそうな個性派アイテムは、プレゼントにしても喜ばれそう。

 

 

おすすめは夜、時間をかけて掘り出し物探し

とはいえ、8月の京都といえば、なんといっても猛烈な暑さ。たくさんのお店をゆっくり見て回りたいなら、おすすめは夜の時間帯です。比較的涼しく人も少ないため、余裕をもって掘り出し物探しを楽しむことができます。お店の並びには、ところどころ食べ物の屋台も。軽食をとりながら、時間をかけて散策するのもよいでしょう。

 

陶器まつり - 夜全景

 

陶器まつり - 夜店先1

 

陶器まつり - 夜店先2

 

陶器まつり - 夜俯瞰

 

陶器まつり - ガラス

 

 

こだわりのやきものと一緒に、特別なブレイクタイム

形、色、使い心地。それぞれにこだわりを持って丁寧に作られたやきものは、日々の生活をやさしく彩ってくれます。何気ないコーヒータイムも、自分で見つけたうつわがあればきっと特別なものになるはず。魅力あふれる「陶器まつり」に、ぜひ足を運んでみてください。

 

陶器まつり - コーヒー
こちらのカップは、持ってみてびっくりするほどの超軽量。素材にこだわったやきものたちは、メンテナンスをしながら長く大事にしたくなる品ばかり。

 

陶器まつり - 箸置き

 

陶器まつり - ハニワ

 

五条坂 陶器まつり
店名 五条坂 陶器まつり
住所 京都市東山区五条橋付近
電話番号 075-541-1192
URL http://www.toukimaturi.gr.jp/

この記事を書いた人

たま
実家を出て、京都市内で暮らし始めて早2年。「一日一猫」ルールを自分に課し、日々、新たな猫がいそうな場所をうろついています。散歩が好きで、気付けば四時間ほど歩き続けていたことも。