見どころ

平安絵巻さながらの優雅な「曲水の宴」

2016-11-02

寝殿造りの庭をモデルにした城南宮「平安の庭」で催される「曲水の宴」。奈良時代から平安時代にかけて宮中で行われた宴を再現したもので、京都を代表する年中行事のひとつです。

紅葉の下で、ゆったりと流れる時間

春は新緑まぶしい4月29日、秋は紅葉が色づき始める11月3日の14時から「曲水の宴」が斎行されます。春先に水を浴びて身を清め無病息災を願う風習は、大陸にも古代日本にもありました。この春のみそぎが大宮人の遊びとなります。(写真は4月29日の「曲水の宴」にて撮影)

 

曲水の宴 - 水辺に座る
男性歌人は狩衣(かりぎぬ)、女性歌人は小袿(こうちき)を身につけて登場。歌題を拝見し、遣水(やりみず、小川)のほとりに座って墨をする。この日の歌題は「卯花(うのはな)」。

 

 

曲水の宴 - 白拍子
楽人が楽を奏し、「今様」の歌に合わせて白拍子が舞を披露する。今様は、平安時代中期に発生したといわれる流行歌で「現代風」という意味。

 

 

曲水の宴 - 和歌を詠む
童子が、オシドリを象った羽觴(うしょう)という盃台の背にお神酒を乗せて、川上から流す。歌人は、歌題にちなんだ和歌を短冊にしたためる。

 

 

曲水の宴 - 盃を引き寄せて

 

曲水の宴 - お神酒をいただく
歌人は流れてきた羽觴を取り寄せて、お神酒をいただく。

 

 

曲水の宴 - 和歌を朗詠1

 

曲水の宴 - 和歌を朗詠2
童子が短冊を集めると、神職が平安時代さながらに節をつけて和歌を朗詠し、神様に奉納する。

 

当日は大変混み合います。椅子席(約5列)の前列に座るなら2時間前、立見席の前列で見るなら1時間前までに行くことをおすすめします。

 

 

源氏物語にちなんだ花の庭

源氏物語に登場する、四季の庭を備えた光源氏の六条院。この美しい邸宅に影響を受けて、白河上皇は院政の拠点となる城南離宮(鳥羽離宮)を、城南宮を取り囲むように造営したと言われています。

『源氏物語』に描かれた80種あまりの草木を配し、四季折々の花や紅葉が彩る神苑は、5つのエリアで構成。11月中旬ごろから「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」で、イロハモミジなど約100本の木々が色づき始めます。(写真は4月29日に撮影)

 

城南宮 神苑 - 春の山
「春の山」は、椿・しだれ梅・三つ葉ツツジなど春の草木が次々と花開く。これと対を成す「秋の山」が、国道を隔てた西側の史蹟「鳥羽離宮跡公園」内にある。

 

 

城南宮 神苑 - 平安の庭
「平安の庭」は、寝殿造りを模した神楽殿から池に続く。階段状の滝からは清流が注ぎ、2筋の遣水(やりみず)が流れ、曲水の宴が催される苔の庭へと続く。

 

 

城南宮 神苑 - 室町の庭1

 

城南宮 神苑 - 室町の庭2
「室町の庭」は、茶道・生花・能楽などが大成された室町時代の様式でつくられた池泉回遊式庭園。池には錦鯉が泳ぐ。

 

 

城南宮 神苑 - 桃山の庭
「桃山の庭」は、水を用いずに海を表した枯山水の庭で、桃山時代の豪壮な気風を反映。広々とした芝生が大海原、点在する岩が沿岸の島々を表す。

 

 

城南宮 神苑 - 城南離宮の庭
「城南離宮の庭」は、平安時代後期の城南宮一帯を表す枯山水の庭。平らな石を敷いた苑路が鴨川を表す。

 

 

引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」

城南宮 - 鳥居

城南宮は、794年に平安京へと遷都された際に、都の安泰と国の守護を願って創建されました。家庭円満・厄除・安全祈願・車のお祓いなど、全国から参拝者が訪れます。また境内の「菊水若水」は伏見の名水のひとつで、病気平癒の霊験あらたかな神水と言われています。

城南宮
寺社名 城南宮
住所 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
電話番号 075-623-0846
URL http://www.jonangu.com/index.html