見どころ

東山の新名所!将軍塚青龍殿で大パノラマを楽しむ

2016-11-16

11月も後半に入り、木々も色づいてきました。紅葉に合わせて、今年も様々なお寺や神社で特別公開やライトアップが行われます。2014年に完成した東山の将軍塚青龍殿では、秋の夜間特別拝観が行われています。

東山の「将軍塚」に建つ青龍殿

将軍塚と言えば、京都有数の夜景の鑑賞スポット。東山山頂公園の展望台からは市内が一望でき、夜景はもちろん昼間も素晴らしい景色を楽しむことができます。

将軍塚は、都の鎮護のために天皇より将軍の像を塚に埋めるよう命じられたのが始まりと言われています。実際の将軍塚は、山頂の展望台からさらに進んだ天台宗・青蓮院門跡の飛び地境内の中に。将軍塚青龍殿が建つその場所には、高さ2m程にもなる大きな将軍塚が今に残されているのです。

 

将軍塚青龍殿 - 福徳門
将軍塚青龍殿入口の福徳門。東山山頂公園から100m程のところにある。

 

 

将軍塚青龍殿 - 将軍塚
将軍塚の隣にある西展望台からは、塚の全体像を見ることができる。

 

 

大舞台からの大パノラマに感動

将軍塚青龍殿は、北野天満宮前にあった歴史的建造物の「大日本武徳会京都支部道場」が移築再建されたもの。中には日本三大不動画の一つである、国宝の青不動明王(複製)が安置されています。

青龍殿の奥には、圧巻のスケールの大舞台が広がっています。その大きさはなんと世界遺産・清水寺の舞台の約4.6倍。舞台からの景色も見事で、市内一望の大パノラマは思わず見入ってしまうほどです。

 

将軍塚青龍殿 - 青龍殿
青龍殿の中は板間で天井が高く、道場ならではの造りになっている。新しく建てられた奥殿で、青不動明王を見ることができる。

 

 

将軍塚青龍殿 - 大舞台1
大舞台からは五山の送り火の左大文字や右大文字、妙や法などを見つけることができる。右側に見えるのは、「ガラスの茶室 – 光庵」。

 

 

将軍塚青龍殿 - 見晴らし
西展望台からは京都市内はもちろん、大阪市内まで見渡せることも。

 

 

紅葉はまもなく見頃に

豊かな自然に囲まれた青龍殿では、四季折々の景色を楽しむことができます。特に美しいのが春と秋。庭園が桜や紅葉で色鮮やかに染まる様子は見物です。春と秋には夜間特別拝観が行われ、夜景と共にライトアップされた庭園を眺めることができるのです。

青龍殿の紅葉は市内よりも早く、まもなく見頃を迎えます。秋の夜間特別拝観は12/4まで。特別拝観でしか見られない素晴らしい景色を見に、将軍塚青龍殿を訪れてみませんか?

 

将軍塚青龍殿 - 大舞台2
夜の大舞台には、あちこちで夜景を楽しむ人の姿が。

 

 

将軍塚青龍殿 - 夜景
大舞台から見た夜景。昼間とはまた違うロマンティックな雰囲気を楽しめる。

 

 

将軍塚青龍殿 - ライトアップ
青龍殿前に広がる庭園がライトアップされる。回遊式庭園に枯山水庭園を取り込んだ風情ある庭園をゆっくりと散策できる。

 

 

将軍塚青龍殿 - 大日堂前
受付のある大日堂前。
将軍塚青龍殿
寺社名 将軍塚青龍殿
住所 京都市山科区厨子奥花鳥町28
電話番号 075-771-0390
URL http://www.shogunzuka.com/

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。