見どころ

華やかないけばなが彩る 大覚寺の「華道祭」

2017-04-07

日本の伝統文化であるいけばなは、室町時代に京都で発祥したと伝えられています。現在は様々な流派があり、大覚寺は、いけばな嵯峨御流の総司所(家元)。毎年4月に行われる華道祭では、いけばな作品が展示される華展や、献華式などが行われています。

重要文化財に映えるいけばなの大作

大覚寺は、真言宗大覚寺派の大本山。「旧嵯峨御所大覚寺門跡」と称され、嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改めた、皇室ゆかりの門跡寺院です。

華道祭は、大覚寺が家元である嵯峨御流の最大の祭典。境内のあちこちに、いけばなの作品を展示する華席が設けられています。一番の見どころは、重要文化財の宸殿(しんでん)の華席です。きらびやかな襖絵を背景に様々ないけばなの大作が展示され、訪れた人々を楽しませてくれます。

 

大覚寺入口
華道祭は初日から多くの人で賑わっていた。

 

大覚寺の「華道祭」 - いけばな1
宸殿に展示されているいけばな作品。ほかにも桜や紫陽花などを使った、色鮮やかな作品が展示されていた。

 

大覚寺の「華道祭」 - いけばな2
大玄関には、雅な御所車が。御所車とは宮廷の御乗用の牛車のことで、格調高くいけられ、飾られている。

 

 

有栖川宮慈性入道親王の150回御忌法会

7日の初日には御影堂前(心経前殿)で、嵯峨天皇献華法会と有栖川宮慈性入道親王150回御忌法会が行われました。有栖川宮慈性入道親王は大覚寺最後の宮門跡(住職)。霊宝館では、ゆかりの品々を展示した、150回御忌記念の特別名宝展も開催されています。

午前10時になると、僧侶を先頭に供華侍者たちの行列が勅使門を通り御影堂へ。堂内では2名ずつ順に華を供える献華の儀式や花点前などが行われ、法要で締めくくられました。

 

大覚寺の「華道祭」 - 御忌法会1
普段は閉じられている勅使門が特別に開かれ、行列が進んで行った。

 

大覚寺の「華道祭」 - 御忌法会2
行列は法会の行われる御影堂へと向かう。今年は有栖川宮慈性入道親王150回御忌法会が執り行われ、皇族の方も参列されていた。

 

 

お茶席やいけばな体験も

大沢池では、龍頭鷁首(げきしゅ)舟のお茶席が設けられています。龍頭鷁首舟はかつて天皇や皇族の方々の宴に使われ、現在は春の華道祭と秋の観月祭でしか乗ることのできない貴重なもの。素晴らしい景色を望みながらいただくお抹茶は、格別な味わいです。

また高校生以下を対象にした、いけばな体験も行われています。基本を教わりながら繊細で奥深い、いけばなの魅力に触れ、作品を仕上げていきます。
華道祭は、4月7日から9日まで開催されています。

 

大覚寺の「華道祭」 - 舟席1
龍頭鷁首舟は、船首に龍頭が飾られた舟と、鷁首が飾られた舟の2隻がある。こちらは鷁首舟。

 

大覚寺の「華道祭」 - 舟席2
大沢池の桜はちょうど見頃に。龍頭鷁首舟のお茶席は1200円で、池を回りながら御菓子と抹茶がいただける。ほかに望雲亭や五大堂でもお茶席が設けられている。
大覚寺 華道祭
寺社名 大覚寺 華道祭
住所 京都市右京区嵯峨大沢町4
電話番号 075-871-0071
URL https://www.daikakuji.or.jp/

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。