見どころ

ろうそくを供え冥福を祈る、あだし野念仏寺「千灯供養」

2017-08-24

嵐山から北西に進むと、趣ある町並みが残る嵯峨鳥居本に着きます。このあたりはかつて化野(あだしの)と呼ばれた地域。茅葺屋根の茶屋や町家風の民家、そしてあだし野念仏寺があります。毎年8月下旬に行われている千灯供養を紹介します。

たくさんの無縁仏が眠るあだし野念仏寺

奥嵯峨の鳥居本は、古くから風葬の地として知られていました。あだし野念仏寺は、弘法大師・空海が野ざらしにされていた亡骸を埋葬するために、「五智山如来寺」という真言宗のお寺を創建したことに始まります。その後、法然上人が念仏道場を開き、浄土宗の念仏寺へと改められました。

境内には、多くの石仏や石塔が見られます。これらは明治時代に、化野一帯に散乱埋没していた無縁仏を集め祀ったもの。ずらりと石仏や石塔が並ぶ様子が賽(さい)の河原に似ていることから、「西院(さい)の河原」と呼ばれています。

 

あだし野念仏寺 - 参道
あだし野念仏寺へと続く参道。秋には参道両脇のもみじが美しく色づく。

 

あだし野念仏寺 - 境内
日が暮れた境内は、提灯や竹細工のライトで照らされていた。

 

 

 晩夏の恒例行事「千灯供養」

あだし野念仏寺では毎年8月の23日と24日に、無縁仏の冥福を祈る「千灯供養」が行われます。日が暮れる頃から参拝者が訪れ始め、ろうそくを灯し、西院の河原の石仏や石塔にお供えします。

約8000体もの石仏や石塔が並ぶ西院の河原は、優しいろうそくの光に包まれます。風に揺らめく炎に照らし出される様子は、どこか神秘的で厳かな雰囲気。参拝者はそっと手を合わせ、亡くなった方々の冥福を祈るのです。

 

あだし野念仏寺 - 千灯供養1
ろうそくに照らされた西院の河原。信者の方々や地元の人々が供養をしてろうそくを供えたことが、千灯供養の始まりと言われている。

 

あだし野念仏寺 - 千灯供養2
参拝者は思い思いの場所にろうそくをお供えする。

 

 

手作りの行灯が並ぶ、愛宕古道街道灯し

千灯供養に合わせて、嵯峨鳥居本では「愛宕古道街道灯し」が行われます。清凉寺から愛宕神社の一の鳥居までの道に沿って、行灯が並びます。

行灯は地元の人々や学生らによって作られたもの。可愛らしい絵やメッセージが添えられています。個性的で温かみのある行灯が、愛宕古道を彩ります。

初日の23日には、「太秦ひょっとこ踊りの会」の方々が踊りを披露。軽快な笛の音に合わせ、ひょっとこのお面をかぶった人々が練り歩くのです。その後、あだし野念仏寺近くの広場では盆踊りが。子どもから大人までたくさんの地元の人々が参加し、夏のひとときを楽しみます。

 

千灯供養(あだし野念仏寺)- ひょっとこ踊り
踊り手のお面はそれぞれ違う表情をしている。踊り手の後ろには、提灯を持った子どもたちが続く。

 

千灯供養(あだし野念仏寺)- 盆踊り
盆踊りは一時間ほど行われ、参加者は大きな行灯を囲んで踊る。

 

千灯供養(あだし野念仏寺)- 行灯1
行灯に照らされた愛宕古道。街道灯し期間中はお店も遅くまで開いているため、食事や買い物を楽しむ人の姿も見られる。

 

千灯供養(あだし野念仏寺)- 行灯2
行灯は形も大きさも様々。どれも味わい深く見応えがある。
あだし野念仏寺 千灯供養
行事名 あだし野念仏寺 千灯供養
住所 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
電話番号 075-861-2221
URL http://www.nenbutsuji.jp/index.html

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。