食べる

10種のクラフトビールが楽しめる樽生ビール専門店「Takumiya」

2015-07-03

2015年も7月に入り、間もなく夏本番、ビール党にはたまらない季節です。
京都の夏は蒸し暑く、少し外を歩くだけで汗がダラダラと……。それだけに夏のビールは格別です。

2013年のデータによると京都のビール消費量は全国第3位だったそうです。
(参照:『ビールをよく飲む都道府県ランキング』より)

蒸し暑さがその要因となっているのかどうかわかりませんが、とにかくビールがおいしい夏に向けて、最近、よく目にするようになった「クラフトビール」が飲めるお店をご紹介します。

 

個性的な各県の地ビールを味わえるお店

今年3月にオープンしたBEER PUB Takumiya(タクミヤ)は、10種類のクラフトビールを楽しめる樽生ビール専門店。地元京都を含めて、西日本のビールを中心に揃えてあります。

樽生ビール専門店Takumiya1

本日はご覧のラインナップ。

樽生ビール専門店Takumiya2

 

今日はこの中から、地元京都の「京都醸造 夏のきまぐれ」、沖縄の「ヘリオスペールエール」、山梨の「アウトサイダーオーストラリアンIPA(インディアンペールエール)の3種をいただきました。

 

 

◯京都醸造 夏のきまぐれ(サイズ:M ¥880)

樽生ビール専門店Takumiya3
ホップの香りがフルーティーで、ほどよい苦味。ビールが苦手な人でも飲みやすそう。

 

 

◯ヘリオスペールエール(サイズ:M ¥880)

樽生ビール専門店Takumiya4
コクがあり、甘みがある。苦さはほとんど感じない。あと口はアッサリとしている。

 

 

◯アウトサイダーオーストラリアンIPA(サイズ:M ¥880)

樽生ビール専門店Takumiya5
ヘリオスペールエールと似た印象だが、こちらは苦味が強い。

 

 

お気に入りの地ビールを見つける楽しみも

アテにはビールの“永遠の相棒”「枝豆」(焼き枝豆 ¥380)とパブの本場っぽく「フィッシュ&チップス」(昆布〆タラのフィッシュ&チップス ¥900)をチョイス。

樽生ビール専門店Takumiya6

 

樽生ビール専門店Takumiya7

 

3番の飛騨高山ヴァイツェン(岐阜)もお願いしたのですが、売り切れで飲めず。残念ながら、次回のお楽しみにしておきます。なくなった樽から新しいものに変更されるので、ラインナップもいつも新鮮でリピーターも楽しめるお店です。

サイズもS(¥680)/M(¥880)/L(¥1080)と用意されているので、はじめはSサイズで色んな味を試して、お気に入りを見つけてみては。

BEER PUB Takumiya
店名 BEER PUB Takumiya
住所 京都府京都市中京区押小路通東洞院西入船屋町400-1
電話番号 075-744-1675
URL

この記事を書いた人

もんど
京都生まれ、京都育ち。飲み歩きが好きで、お酒ならなんでも。今夜もひとり夜の京都を徘徊する?!ラブ阪神タイガース、ラブハードロック&ヘヴィメタル(洋楽)。