食べる

中央市場の隣にある「魚問屋ととや」でランチ!

2016-11-11

京都中央卸売市場の西隣、七条通りに面している「魚問屋ととや」。まぐろをはじめ新鮮な海の幸を、問屋ならではの価格でリーズナブルに楽しめるお店です。

まぐろ卸を営む業者のお店

市場で一般客が買い物できるのは第2土曜日。しかし「魚問屋ととや」では、第2土曜日以外にも、市場でその日に直接仕入れられた鮮魚を入手できます。ととやのお客さんは、市場関係の業者や近隣の方だけでなく、口コミを聞いて来たという観光客も少なくありません。

 

魚問屋ととや - 外観
京都水族館から約10分、京都鉄道博物館からは5分ほどで歩いて行ける。

 

 

魚問屋ととや - 看板
定休日は日曜・祝日、水曜が不定休だが、中央市場の休みに合わせているため、オープンしている日もある。ホームページの「営業日カレンダー」をチェックしておくと安心。

 

 

新鮮なお造りがたっぷりの人気メニュー

店の奥は食事スペースになっていて、海鮮丼や寿司、定食などを提供しています。中でも人気は、日替わりの「お造り定食」。まぐろのメニューも、赤身のねぎまぐ丼・中とろ丼・トロカツ丼や寿司などバラエティー豊かです。

 

魚問屋ととや - 店内
食事スペースは、木を基調とした落ち着いた佇まい。カウンター席とテーブル席がある。

 

 

魚問屋ととや - 定食の案内
「お造り定食」を案内する黒板では、産地まで表記していた。

 

 

魚問屋ととや - 定食
この日の「お造り定食」(750円)は、ほんのり甘く脂の乗ったまぐろのトロをはじめ、活たい、いか、サーモンがたっぷり。生姜の風味がきいた「まぐろの竜田揚げ」もついていた。

 

 

お買い得な中落ち、珍しいホホ肉も

まぐろ卸のお店だけあって、店頭のまぐろは赤身・中トロ・大トロをはじめ、さまざまな部位が取りそろえられています。ビールによく合う「まぐろの竜田揚げ」などのお惣菜も好評。火曜日と金曜日の夜17時からは、店頭で立ち飲みも営業しています。

 

魚問屋ととや - まぐろ
まぐろは表示価格プラス300円で、お造りにしてもらえる。

 

 

魚問屋ととや - おそうざい
店頭販売しているお総菜を、食事スペースで食べることもできる。
魚問屋ととや
店名 魚問屋ととや
住所 京都市下京区朱雀北ノ口町64番地(京都市中央卸売市場 七条通正門となり)
電話番号 075-315-1921
URL http://totoya-maguro.com