食べる

和洋折衷なあんこ菓子が魅力!京都祇園「あのん」

2017-06-21

あんこを使ったお菓子といえば、お餅やどら焼き、お饅頭のような和菓子が一般的です。そんななか、一風変わったあんこのお菓子を楽しめるお店が。祇園白川にある、京都祇園「あのん」を紹介します。

 新しい「あんこ」の味を追求するお店

観光客で賑わう祇園白川の巽橋の近くにある、京都祇園「あのん」。北海道産小豆を使ったおはぎで有名な会社が手掛ける、新ブランドのお店です。京町家を改装した和モダンな雰囲気が広がる店内では、様々なあんこのお菓子が購入できるほか、併設されているカフェでゆっくりとお菓子を味わうこともできます。

 

京都祇園あのん - 店舗
お店は祇園切通しを巽橋へと向かう途中にある。

 

京都祇園あのん - 店内
お土産にも喜ばれそうなお菓子の数々。和紙デザイナーが手掛けたという、和紙光壁や照明が印象的。

 

 

 町家でゆっくりカフェタイム

お店の1階奥と2階にあるカフェスペースは、平日でも行列ができることがあるほど。立ち寄りやすい雰囲気で、店内にはお一人様やグループ、外国人観光客などの姿が見られます。散策の合間のちょっと一息にぴったりのお店です。

カフェの入口のショーケースには、見た目にも楽しいあんこのお菓子が。どれにしようか、あれこれ迷ってしまいそうです。

 

京都祇園あのん - ショーケース
ショーケースのお菓子は持ち帰ることもできる。1日2回焼き立てが販売される、「あんくろわっさん」が人気。

 

京都祇園あのん - カフェ
カフェの1階はカウンター席とテーブル席が。2階にはソファー席もある。

 

 

美味しくて可愛い、あんこのお菓子に舌鼓

カフェでは名物の「あんぽーね」を始め、生菓子や焼菓子、季節限定のかきごおりなどがいただけます。おすすめは、2種類のお菓子とドリンクのセット。「あんぽーね」や「京おはぎ」、「あんまかろん」や「あんえくれあ」などからお好みで2つのお菓子を選べます。

今回は「あんぽーね」と「あんです」、グリーンティーをセットに。あんぽーねは香ばしい最中に、あんとマスカルポーネチーズをサンドしていただきます。あんですはメレンゲ菓子に、白あんや生クリームを合わせた口どけの良いお菓子です。

他にはない個性派あんこ菓子を味わいに、京都祇園「あのん」に立ち寄ってみませんか?

 

京都祇園あのん - メニュー
ドリンクはコーヒー専門店「Unir」の豆を使ったコーヒーや、宇治丸久小山園の茶葉を使った抹茶や煎茶などがある。

 

京都祇園あのん - ドリンクセット
あんぽーねは、つぶあんと季節限定の抹茶あんから選べる。お菓子にはバニラアイスが添えられていた。

 

京都祇園あのん - あんです
まるでモンブランのような「あんです」の中にはつぶあんが。優しい甘さで、ほんのりと香る抹茶がアクセントになっている。
京都祇園あのん
店名 京都祇園あのん
住所 京都市東山区清本町368‐2
電話番号 075-551-8205
URL http://www.a-n.kyoto.jp/

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。