体験・レンタル

「京都のフクロウの森」で神秘的な出会いを

2015-12-24

いつも多くの人で賑わっている新京極商店街に、フクロウと触れ合えるスポットが誕生しました。最近ではペットとしても人気が高まってきているフクロウですが、直接見られる場所はまだまだ多くはありません。今回は、新たな見どころ「京都のフクロウの森」をご紹介します。

階段をのぼって「非日常」へ

「京都のフクロウの森」は、四条通から新京極商店街へ入ってすぐ、電車の形をしたお店の2階にあります。小さなお店が並ぶ商店街の中でも、迷うことなく見つけることができるでしょう。看板を目印に階段をのぼると、そこには非日常への入り口が待っています。

 

京都のフクロウの森1
建物の入口。時間帯によっては、フクロウを手に載せたスタッフさんが表に立っている。

 

 

まるで本物の森にワープしたような、静かな空間

お店に足を踏み入れて初めに気づくのが、変わった床の感触。足元を見てみると、なんと、木のチップが敷き詰めてあるのです。まるで雑木林に迷い込んだようで、ここが商店街の中だということを完全に忘れてしまいます。入り口のレジで入場料を払い、フクロウの触り方などの注意事項を聞いたら、いざ探検開始です。

 

京都のフクロウの森2
葉の飾りで覆われている壁も、雰囲気バッチリ。

 

 

個性豊かなフクロウたち

レジの隣で、さっそく迎えてくれるのはワシミミズクの「ウォルト」。音も立てず、鳴き声もあげずにじっとこちらを見つめる姿は、まさに「森の賢者」という異名がぴったりです。あまりに静かなので、すぐ隣の木に留まっていても、一切その気配に気付かないほど。可愛らしい顔をしていても、さすがは猛禽類。ハンターの素質にあふれています。

 

京都のフクロウの森-ワシミミズク
フクロウは本当に静か。気付いたら10cm以内に近づいていることも。

 

中央でひときわ目を引くのは、シベリアンワシミミズクの「ホワイト」。こちらが歩くのに合わせて、くるりと首を回します。そっと背中を撫でてみると、ほんのりとした暖かさと、ふわふわの羽毛の感触が伝わってきます。こんなにも接近できる機会は、動物園でもなかなかありません。

 

京都のフクロウの森-シベリアンワシミミズク
撫でるときは手の甲で。顔や足のまわりは触らないように注意。

 

店内にいるフクロウは、合わせて11羽。とても小さなコノハズク、お面のような顔が個性的なメンフクロウ、『ハリー・ポッター』シリーズで有名になったシロフクロウなど、様々なフクロウ達が次々に目を楽しませてくれます。ベンチや椅子も置かれているので、何時間でも滞在できそうです。

 

京都のフクロウの森-シロフクロウ
『ハリー・ポッター』で、主人公のハリーが飼っているのがこのフクロウ。

 

 

京都のフクロウの森-アカリス
店内には、アメリカアカリスもいる。餌やり体験ができるので、挑戦してみては。

 

 

充実のおみやげショップ

フクロウ達との夢の時間が終わったら、1階のおみやげショップをチェック。本物そっくりのぬいぐるみは、プレゼントにしても喜ばれそうです。木彫りからバッグまで、色々なテイストのグッズが揃っているので、お気に入りの一品が必ず見つかるはず。商店街の散策コースにぜひ加えてみてください。

 

京都のフクロウの森-ぬいぐるみ
ぬいぐるみはサイズも豊富。丸くて大きな目が本物そっくり。

 

 

京都のフクロウの森-おみやげ
ブリキ細工やフェルトのバッグ、小物類も。どれを買おうか迷ってしまう。

 

京都のフクロウの森
店名 京都のフクロウの森
住所 京都府京都市中京区新京極通四条上る中之町554番地 美松別館 京都金賞コロッケ2階
電話番号 075-708-3847
URL https://www.facebook.com/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%81%AE%E6%A3%AE-520988148065707/

この記事を書いた人

たま
実家を出て、京都市内で暮らし始めて早2年。「一日一猫」ルールを自分に課し、日々、新たな猫がいそうな場所をうろついています。散歩が好きで、気付けば四時間ほど歩き続けていたことも。