体験・レンタル

小さな提灯照明づくり体験でオリジナルの和の灯りを

2016-03-01

日本の伝統的な灯りの提灯。お店の軒先やお寺、お祭りなどで今も日常的に見ることができるのは、京都ならではかもしれません。
そんな提灯の灯りをインテリアにも。小さな提灯照明の「ちび丸」をつくる体験教室を紹介します。

江戸時代から続く提灯の老舗で

体験教室は京地張り提灯の専門店の小嶋商店が開催しています。「小菱屋忠兵衛」という灯りブランドで、伝統的な手法を守りつつ新しい提灯を生み出しています。日本らしい趣のある灯りが、海外だけでなく、国内でも和のインテリアとして人気が高まっているのだそう。

体験教室のすぐ隣で職人さんが提灯をつくる様子を見ることができます。

 

提灯照明づくり体験 - 職人さん
提灯の土台をつくる職人さん。竹はお店で程よい太さに割ったものを使う。

 

 

自分好みの和紙で「ちび丸」づくり

まず色とりどりの土佐和紙から好きな色や柄を選びます。和紙は二枚に重ねて張っていくので、組み合わせ次第でがらりと印象が変わります。竹の土台に糊づけをして、選んだ和紙を丁寧に張り合わせます。和紙と和紙の継ぎ目を整えるのが難しいところ。和紙を押さえながら、少しずつ手でちぎって継ぎ目に合わせていくのです。

 

提灯照明づくり体験 - 和紙と糊
和紙は二つの色を組み合わせたり、一つの色に柄ものを組み合わせたりすることができる。

 

 

提灯照明づくり体験 - 貼り付け
和紙を霧吹きで濡らし、二枚をくっつけた状態で竹をなぞるように優しく和紙を貼っていく。

 

 

 

どこか懐かしく優しい灯り

和紙を貼り終わったら、乾かして土台を取ります。上下に余った和紙を切り、中に折り込むと完成です。小型のライトを中に入れて照らすと、温かみのある提灯ならではの灯りが。和紙が透けてうっすらと柄や色が表れます。繊細で美しい、伝統的な灯りづくりを体験してみませんか?

 

提灯照明づくり体験 - 乾燥
土台を立て、風に当てて乾かしていく。 和紙が乾くとまた風合いが変わってくる。

 

 

提灯照明づくり体験 - 点灯
ライトを照らすと繊細で美しい照明に。

 

 

店名 京・地張り提灯専門 小嶋商店
住所 京都市東山区今熊野椥の森町11-24
体験時間 不定(申込時に希望時間をいくつか伝える)
定休日 なし
体験料 3,000円 (税込み)
電話 075-561-3546
URL http://ko-chube.com/TrialPage.html

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。