食べる

カフェ『ULUCUS』さんで上品なリラックスタイム

2017-03-07

気になるお店が次々と増え、「ツウ」の注目を集める紫竹エリア。北山ならではのオシャレ感を持ちながら、普段着でサラッと出かけられてしまうようなゆるい雰囲気は、大人のリラックスタイムを過ごすのにもってこいです。今日はそんな紫竹エリアにそっと佇む、こだわりのカフェ『ULUCUS(ウルクス)』さんを紹介します。

ULUCUS - 店舗外観
植物に囲まれた、白い壁のお店。上品な佇まいに、期待が高まる。

 

 

ウォーキング気分で訪れたい、植物園近くのお店

『ULUCUS』さんがあるのは、地下鉄・北山駅から西のほう。徒歩で約25分と少々距離はありますが、街並みを眺めながら歩くと、意外とあっという間に着いてしまいます。近くには京都府立植物園もあるので、天気のよい日にウォーキング気分で訪れるのがよいでしょう。

 

ULUCUS - 店内1

 

ULUCUS - 店内2
町屋を改装した店内は、明るすぎず暗すぎず。ちょうどよい光の加減が、気持ちをリラックスさせてくれる。

 

ULUCUS - テラス
店外にはテラス席があり、日光を楽しみながらカフェタイムを過ごすことができる。この席ならペットもOKなので、お散歩ついでに一休み……という過ごし方も。

 

 

わかる人にはわかる、こだわりのインテリア

店内に入って、まず気付くのがこだわりのインテリア。カフェ内の椅子はナナ・ディッツェルの名作家具「トリニダードチェア」で、壁には画家・中村直人(なかむら・なおんど)の絵が飾られています。一時期は、本物のピカソの絵が飾ってあったとか。良質な、けれども主張しすぎないアイテムたちが、上品な空間を演出しています。

 

ULUCUS - 店内3

 

ULUCUS - 店内4
ゆったりと腰かけられるソファに、座り心地のよい椅子。北欧の高級家具に囲まれていると、上質なものを味わうセンスが磨かれるかも。

 

 

ほろほろ崩れる、名物「ロティサリーチキン」

そして何より魅力なのが、絶品メニューの数々。専用のオーブンで焼き上げられた「ロティサリーチキン」には、ほのかにレモンの風味が香ります。ターメリックの効いたライスと合わさって、最高の美味しさを堪能できるでしょう。

 

ULUCUS - ロティサリーチキン
名物の「ロティサリーチキンプレート」(1296円)。メニューに迷ったら、まずこれをチョイス。

 

 

ULUCUS - 限定ランチ
メニューには他にも、月ごとに変わるランチプレートや週ごとに変わるデザートなどがある。何度訪れても、飽きることがない。

 

 

おみやげには「シナモンロール」

そして、最後にぜひチェックしたいのが「シナモンロール」。デザートには珍しく「量り売り」なので、好きな大きさのものをチョイスします。おみやげに買って帰れば、カフェタイムの続きが楽しめそう。心もおなかも満足の『ULUCUS』さんで、大人の休日はいかがでしょうか。

 

ULUCUS - シナモンロール1

 

ULUCUS - シナモンロール2

ULUCUS
店名 ULUCUS
住所 京都市北区紫竹下緑町31-2
電話番号 075-406-0308
URL https://www.facebook.com/ulucus.jp/

この記事を書いた人

たま
実家を出て、京都市内で暮らし始めて早2年。「一日一猫」ルールを自分に課し、日々、新たな猫がいそうな場所をうろついています。散歩が好きで、気付けば四時間ほど歩き続けていたことも。