見どころ

手作り感あふれる、平安女学院の「アグネスイルミネーション」

2016-12-06

冬の楽しみの一つがイルミネーション。澄みきった冬の空に輝くイルミネーションは、幻想的でロマンティックな気分にしてくれます。平安女学院では、今年も学生による「アグネスイルミネーション」が行われています。

歴史的建造物が並ぶ京都キャンパス

京都御所の西に、平安女学院の京都キャンパスがあります。創立140年以上の伝統ある学校で、キャンパス内にはレトロな煉瓦造りの建物が並んでいます。

烏丸通沿いに見られる聖アグネス教会は、1898年に建てられたもの。日本聖公会の聖堂として、そして平安女学院の礼拝堂として使われ、京都市指定有形文化財になっています。

また京都キャンパスができた当初からある建物が、明治館です。19世紀イギリスで流行した「アン王女様式」を取り入れた建物で、国の登録有形文化財に指定されています。同じく国の登録有形文化財に指定されている、特徴的な徽章やシンボルマークのレリーフを持つ昭和館や有栖川宮家旧邸の有栖館などが、教育施設として使われているのです。

 

聖アグネス教会
西洋の教会を思わせる、ゴシック様式の聖アグネス教会。著名なアメリカ人設計士のジェームズ・マクドナルド・ガーディナー氏が手掛けたもの。

 

菅原院天満宮神社
聖アグネス教会の隣にある菅原院天満宮神社。境内奥には、煉瓦造りの明治館が見える。

 

 

12年目を迎えた「アグネスイルミネーション」

平安女学院では、毎年クリスマスシーズンに学生たちによる「アグネスイルミネーション」が行われています。今年のテーマは「煌めきの世界へようこそ!~It’s show time!!~」。昭和館と室町館の間の「アグネス通」では、校舎や木々に煌びやかイルミネーションが施されています。

室町館前ではサーカスをモチーフにした楽しいイルミネーションが見られます。可愛らしい象やピエロにカラフルなテント、平和へのメッセージが書かれたピースツリーなど、どれも作り手の温かさが伝わってきます。見ているとほっこりした気分になれそうなアグネスイルミネーションは、12/25(日)まで開催されています。

 

アグネス通
校舎の間を通る室町通は、光輝く「アグネス通」に大変身。

 

アグネスイルミネーション - 室町館前
たくさんのLEDライトやペットボトルなどを使って作られたイルミネーション。学生が企画から制作まで、すべてを手がけている。

 

アグネスイルミネーション - ピースツリー
平和の願いをクリスマスツリーに掲げた「ピースツリー」。約300個のペットボトルが使われており、その一つ一つに学生の平和への願いが書かれている。

 

アグネスイルミネーション - 装飾
カプセルを使った個性的な装飾も、彩りを添えている。
平安女学院大学
施設名 平安女学院大学
住所 京都市上京区烏丸通下立売西入
電話番号 075-414-8150
URL http://www.heian.ac.jp/index.html

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。