体験・レンタル

絵本の力に癒される「絵本カフェ Mébaé」

2017-02-01

絵本の美しい絵やワクワクするお話は、いつの時代も読み手を惹きつけてやみません。最近では大人向けの作品も増え、絵本の世界はますます広がっているのだとか。今回はそんな絵本が楽しめるカフェ、「絵本カフェ Mébaé」さんに行ってきました。

 

絵本カフェ Mébaé 1

書店がつくる、新たな交流スペース

去年の9月にオープンしたばかりの「絵本カフェ Mébaé」さんは、地下鉄「北大路」駅から少し歩いたところにあります。カフェを運営するのは、京都・滋賀を中心に展開している「ふたば書房」さん。社長さんは、絵本の専門家である「絵本専門士」の資格をお持ちだそうです。

 

絵本カフェ Mébaé 2
「Mébaé」さんでは、消しゴムはんこのワークショップや寄席など、さまざまなイベントも開催されているそう。新しい交流の場として、多くの人が訪れるスポットとなっている。

 

 

幅のある絵本のレパートリー

店内は明るく、やわらかな雰囲気に包まれています。そして棚には、カラフルな絵本がずらり。誰もが知る有名な作品から最近の作品まで、幅のあるレパートリーです。お客さんは、家族連れの方もいれば、ひとりの方も。落ち着いた空気の中で、思い思いに絵本の時間を楽しんでいらっしゃいます。

 

絵本カフェ Mébaé 3

 

絵本カフェ Mébaé 4

 

 

端っこにちょこんと載った「はらぺこあおむし」

そして、ぜひ注文したいのが「はらぺこあおむしのクロックムッシュプレート」。人参のラペのとなりにいるのは、あの有名な『はらぺこあおむし』! 絵本カフェならではの、なんとも可愛らしいメニューです。味も抜群に美味しいので、心も体も満たされるでしょう。

 

絵本カフェ Mébaé - はらぺこあおむし1

 

絵本カフェ Mébaé - はらぺこあおむし2

 

 

大人だからこそ「しみる」絵本の世界

絵本で取り上げられるテーマの傾向は、時代とともに変わるもの。最近では、家族との死別や離婚など、デリケートなテーマを扱った絵本も登場するようになってきました。しかし、そんな難しいテーマであっても、やさしい気持ちで読めてしまうのが絵本のすごいところ。大人になった今だからこそ、しみる絵本もあるかもしれません。ぜひ一度、コーヒー片手に絵本の世界に触れてみてください。

 

絵本カフェ Mébaé - カウンター席
店内にはカウンター席もあり、「おひとりさま」利用もしやすい雰囲気。大人も子どももくつろげる、素敵なお店づくり。
絵本カフェ Mébaé
店名 絵本カフェ Mébaé
住所 京都市北区紫野下門前町5-5
電話番号 075-493-5528
URL https://www.facebook.com/ehoncafe.mebae/

この記事を書いた人

たま
実家を出て、京都市内で暮らし始めて早2年。「一日一猫」ルールを自分に課し、日々、新たな猫がいそうな場所をうろついています。散歩が好きで、気付けば四時間ほど歩き続けていたことも。