見どころ

美のパワースポット、美御前社

2016-07-28

もっとキレイになりたい、あの人と結ばれたい、女性の願いは尽きませんね。いつも多くの人で賑わう八坂神社には、舞妓さんや美容関係者も多く訪れるという、美の神様を祀る美御前社(うつくしごぜんしゃ)があります。

「祇園さん」と親しまれる八坂神社

朱塗りの西楼門が鮮やかな八坂神社。7月の祇園祭は、平安時代に京都をはじめ日本各地で疫病が大流行したとき、疫病退散の祭りを行ったことが起源といわれています。

イザナギとイザナミの息子である素戔嗚尊(すさのおのみこと)、ヤマタノオロチから命を救われて妻となった櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)と、その子どもたちが祀られています。

 

八坂神社 - 西楼門

 

 

まずは「縁結びの神」大国主社で良縁を祈願

西楼門から入ってすぐの大国主社は、出雲大社の大国主命を祭神としています。大国主命といえば、因幡の白うさぎを助けたやさしい神様。出雲では「神在月」と呼ばれる10月に、出雲に集まる日本中の神様を取りまとめて縁結びの会議を開くため、大国主命は縁結びの神様といわれています。

 

八坂神社 - 大国主社
大国主命と因幡の白うさぎの石像が出迎えてくれる。

 

 

大国主社 - 縁結び絵馬
良縁願掛所には、ハート型に「縁」と書かれた「縁結び絵馬」がたくさん奉納されていた。

 

 

本殿の参拝を終えて美御前社へ向かう途中、大神宮社の前に「祇園神水」があります。本殿床下にある池と同じ水脈の水なので、神様の力をいただける「力水」とも呼ばれています。この水を飲んでから美御前社に参拝すると美人になれる、という説もありますが、「飲用水ではありません」と明記されていました。

 

八坂神社 - 力水

 

 

女神のように、心から美しくなろう

美御前社には、多岐理毘売命(たぎりびめのみこと)、多岐津比売命(たぎつひめのみこと)、市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)の3人の女神が祀られています。中でも市杵島比売命は、七福神の弁財天でもあり、美しさの神様として知られています。

 

八坂神社 - 美御前社

 

 

美御前社 - 神水
社殿前に湧く神水を2、3滴取って肌につける。肌が美しくなり、心から美しく磨かれる「美容水」として参拝者に喜ばれている。飲用ではないのでご注意を。

 

 

美御前社 - 絵馬
美への開運を祈祷する『美御前社絵馬』 初穂料 500円

 

 

美御前社 - 美守
美徳成就を祈願した「美守(うつくしまもり)」。このお守りを常に身につけ、外見だけでなく心からの美しさを磨こう。初穂料 1000円

 

八坂神社
寺社名 八坂神社
住所 京都府京都市東山区祇園町北側625番地
電話番号 075‐561-6155
URL http://www.yasaka-jinja.or.jp

この記事を書いた人

Miki
緑と海が好き、身体を動かすことが好き、食べることが大好き、食欲もりもり天然人。