見どころ

平野神社「桜花祭」で、華やかな桜と時代行列を楽しむ

2017-04-11

平野神社は、京都でも屈指の桜の名所。桜が見頃を迎えるころ、毎年4月10日には「桜花祭」が行われます。今年(2017年)の桜花祭の様子をお届けします。

1000年以上の歴史を持つ「桜花祭」

平野神社は平安京遷都にともない、桓武天皇の命によって、大和国から三神(今木神、久度神、古開神)を遷座・勧請して創建されました。

桜は生命力を高める象徴とされ、平安時代から植樹されたと伝わり、平野神社の神紋にもなっています。

桜花祭は985年に花山天皇が後胤(こういん)繁栄を祈るために行幸され、臨時勅祭が行われたことに始まります。当時は舞踊や競べ馬などが催されていたのだとか。現在は神事や花山天皇陵への参拝、神幸列の巡行などが行われています。

 

平野神社 - 境内1
桜花祭の当日、境内は満開の桜で彩られていた。

 

平野神社 - 境内2
参道の両側には桜茶屋が並び、多くの人がお花見を楽しんでいた。

 

 

多くの人でにぎわう春の風物詩

桜花祭は午前10時、本殿前での神事に始まりました。お祓いの後、本殿の御扉が開かれ、御祭神の御霊を神輿のような鳳輦(ほうれん)に遷されます。無事に神事を終えた宮司たちは、平野神社の北にある花山天皇陵へと参拝に向かいました。

 

平野神社 - 桜花祭 神事1
本殿前には神事を執り行なう宮司の姿。多くの参拝客が神事を見守っていた。

 

平野神社 - 桜花祭 神事2
宮司が鍵のようなものを手にし、御扉が開かれた。

 

平野神社 - 桜花祭 神事3
御祭神の御霊が遷される鳳輦。宮司たちが白い布で覆い隠しながら、慎重に遷していた。

 

平野神社 - 桜花祭 神事4
平野神社から徒歩10分ほどのところにある花山天皇陵。宮司たちが一人ずつ参拝。

 

 

氏子地域を巡行する神幸列

花山天皇陵への参拝を終えると、再び平野神社へ戻り神幸列発輿祭が行われます。そして13時になると、約200名もの時代行列が次々と平野神社を出発。2時間半ほどかけて、ゆっくりと氏子地域を巡行します。

時代行列は、花山天皇敬仰花車や色鮮やかな衣装の織姫列など、見どころがいっぱい。沿道にはたくさんの人が集まり、華やかな時代行列に魅了されていました。

 

平野神社 - 桜花祭 時代行列1
正面鳥居の辺りには、出発前の時代行列が順番に整列していた。

 

平野神社 - 桜花祭 時代行列2
午前中の神事で祭神の御霊が遷された鳳輦も、氏子地域を巡行する。

 

平野神社 - 桜花祭 時代行列3
桜を手に艶やかな衣装に身を包んだ「深色列」。

 

平野神社 - 桜花祭 時代行列4
行列の最後には鎧騎馬武者の姿が見られた。
平野神社 桜花祭
寺社名 平野神社 桜花祭
住所 京都市北区宮本町1
電話番号 075-461-4450
URL http://www.hiranojinja.com/home

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。