見どころ

紫式部が色づく頃に、平野神社の「紫式部祭」

2017-10-02

「紫式部」は源氏物語の作者ですが、同じ名前の植物もあります。桜の名所で知られる平野神社では、毎年10月の第一日曜日に、紫式部の見頃に合わせて「紫式部祭」が行われています。

 季節の草木に彩られた平野神社

嵐電の北野白梅町駅から西大路通を北へ進むと、東側に平野神社の鳥居が見えてきます。境内には約60種400本もの桜の木があり、春には一面が桜色に染まるまさに桜の名所。また桜だけでなく、椿や蝋梅(ろうばい)、一初(いちはつ)や紫陽花など、一年を通して様々な草木が見られます。

桜苑の一角には、紫式部が植えられています。紫式部は6月から7月にかけて花を咲かせ、9月から10月頃に実をつけます。紫式部祭の当日(2017年)、木にはたくさんの紫の実がなり、ちょうど見頃を迎えていました。

 

平野神社
東側の鳥居をくぐり参道を進むと、楼門から拝殿、本殿へと続く。

 

平野神社 - 紫式部
桜苑北側には紫式部の木が並ぶ。艶やかな紫色の実があちこちに見られた。

 

平野神社 - 白式部
白い実をつける「白式部」も見られた。

 

 

 秋の恒例行事「紫式部祭」

午前10時半頃になると、宮司や参列者が本殿前へと集まります。まず修祓(しゅばつ)の儀が行われ、続いて献茶の儀。拝殿には茶道具が用意され、速水流家元による献茶が行われます。7代家元、次期8代家元の順にお茶が点てられ、本殿に奉納されました。

すべての神事を終えると、お茶席ではお抹茶とお菓子が振る舞われます。参拝者たちは美しく色づいた紫式部を眺めながら、秋のひとときを過ごします。

 

紫式部祭(平野神社)- 神事
修祓の儀では宮司が大幣(おおぬさ)を使い、本殿、拝殿、参拝者の順に祓い清める。

 

紫式部祭(平野神社)- 献茶式1
まず7代家元がお点前を披露。 速水流の帛(ふくさ)は、十二単の襲色目(かさねいろめ)の鱗形(りんぎょう)であるのが特徴。

 

紫式部祭(平野神社)- 献茶式2
続いて次期8代家元によるお点前披露。茶碗は、速水流ならではの貴人台(きにんだい)である小掛台(こかけだい)に乗せられて奉納。

 

紫式部祭(平野神社)- 献茶式3
点てられたお茶は、宮司によって本殿に奉納。

 

紫式部祭(平野神社)- お茶席
お抹茶とお茶菓子は無料で振る舞われる。お茶席には紫式部が飾られていた。
平野神社
寺社名 平野神社
住所 京都市北区平野宮本町1番地
電話番号 075-461-4450
URL http://www.hiranojinja.com/home

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。