見どころ

勧修寺で睡蓮と花菖蒲の競演を楽しむ

2018-06-15

梅雨入りが宣言され、睡蓮が見頃を迎える季節になりました。山科区の勧修寺では、池の水面を彩る睡蓮と花菖蒲が咲き、梅雨時ならではのしっとりした風情で参拝者の目を楽しませています。

醍醐天皇の勅願寺

勧修寺の創建は昌泰3年(900)。醍醐天皇が、生母である藤原胤子の菩提を弔うために建立し、天皇の等身大の千手観音像を安置したのがはじまりです。法親王が入寺する門跡寺院として栄えましたが、文明2年(1470)に、応仁の乱の兵火で焼失。その後、江戸時代に徳川氏と皇室の援助を受けて復興しました。

 

勧修寺1
中門をくぐると、庭園が広がる。

 

勧修寺2
宸殿付近には楓が植えられ、夏の青もみじ、秋の鮮やかな紅葉が楽しめる。

 

 

徳川光圀寄進の雪見灯籠

勧修寺の見所は、何といっても庭園です。応仁の乱で荒廃したものの、貞享年間(1684~88)に、古図を基に平安時代の姿を復元。早春の梅に始まり、桜、藤、杜若(かきつばた)、花菖蒲、睡蓮、紫陽花、蓮、紅葉…と、季節の花や草木に彩られます。書院横の、「勧修寺型灯籠」とも呼ばれる雪見灯籠は、徳川光圀の寄進。この灯籠を取り囲むように枝を這わすハイビャクシンも見事です。

 

勧修寺3
なめらかな曲線を描く矩形の笠が特徴的な勧修寺型灯籠。

 

勧修寺4
地面を這うように枝を伸ばすハイビャクシンは、樹齢約750年。広い範囲に枝が広がっているが、1本の木である。

 

 

花々が水辺を彩る氷室池

勧修寺の庭園は、船で池をめぐりながら庭を愛でる池泉舟遊式。これは平安時代の典型的な庭園様式です。氷室池を中心に、周囲の山々を借景として、雄大な風景を構築しています。名神高速道路が寺のすぐ側で開通した時には景観が損なわれましたが、寺や道路公団によって竹や椿が植えられ、損なわれた借景を修復したそう。幾度もの危機に見舞われながらも、先人たちの努力で復興したからこそ、平安時代の雅趣を今に伝える庭園を楽しむことができるのです。

 

勧修寺5
睡蓮の名前の由来は、花の形が蓮に似ていて、朝に花が開き、夜に閉じることから。

 

勧修寺6
花菖蒲と睡蓮は、ともに6月に見頃を迎える。

 

勧修寺7
夏には蓮が水辺を彩る。季節ごとに趣を変える庭園を楽しもう。
勧修寺
寺社名 勧修寺
住所 京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
電話番号 075-571-0048
URL

この記事を書いた人

にっしー
音楽と文学をこよなく愛する関西人。母なる琵琶湖のほとりで生まれ育ち、京都に移り住んで十数年。バス停で困っている修学旅行生に道案内をするのが趣味。