食べる

西陣の老舗「鳥岩楼」で親子丼ランチ

2018-05-01

西陣織で有名な西陣地区。人気のパン屋や京都らしいこだわり喫茶など、気になるお店の多いエリアです。そんな場所に、鉄板ランチの「鳥岩楼」もあります。

鳥岩楼1

リーズナブルな親子丼ランチ

京都の人は鶏肉を好み、「かしわ」と呼んで、水炊きやすき焼きにしていただきます。西陣でかしわ料理といえば、水炊きの老舗「鳥岩楼」さんです。祇園で創業し、昭和20年に現在ある場所に移ったという由緒正しき老舗のかしわが、なんと一杯900円の親子丼として楽しめてしまいます。お客さんが並んでいることも少なくない人気の親子丼ランチ。お昼のメニューは親子丼のみです。

 

鳥岩楼2
お店の前には、甘いお出汁の香りが漂います。

 

鳥岩楼3
老舗の風格がある立派な玄関で靴を脱ぎます。

 

鳥岩楼4
上七軒に近いこともあり、芸妓さんや舞妓さんの名前の団扇があったり。

 

鳥岩楼5
商売繁盛祈願のお飾りも。

 

鳥岩楼6
坪庭を眺めつつ廊下を渡り二階へ。

 

坪庭を見下ろすことのできる窓側の席に座りました。低めのテーブルを囲んで修学旅行生や海外からの観光客と相席に、なんてこともしばしば。

築100年以上の京町家。趣ある和の設えはさすが、見事です。

 

鳥岩楼7

鳥岩楼8

 

 

親子丼の美味しさの理由
鳥岩楼 - 親子丼
新鮮な卵の美しさ!

 

関東の方には馴染みがないかもしれませんが、定番の山椒もふりかけてあります。鼻に抜ける山椒独特の香りで食欲が増します。半熟トロトロの卵とプリッと新鮮なかしわ。しっかりと甘さとお醤油の味の効いた汁で、ご飯はつゆだく。ウズラの生卵がのっていることで、味のバランスは絶妙。半熟卵のコクとかしわの旨味で最後まで飽きさせません。

この老舗の親子丼の美味しい理由。1つ目はかしわ水炊き専門店だけあって、朝びきの新鮮な鶏肉を使っていること。もちろん、卵も地鶏の新鮮なものを使用。さらに、井戸水の豊富な京都だからこそ! だし汁は軟水の井戸水でとっているそうです。

また、うれしいのが、鶏ガラを長時間煮込んでつくる、旨味の凝縮されたスープがついてくること。クセがなく、塩味で整えられた滋味深い一杯。こんなにリーズナブルに「かしわ」を満喫できてしまうので、何度でも並んで食べたくなってしまうはずです。

鳥岩楼
店名 鳥岩楼
住所 京都市上京区五辻通智恵光院西入ル五辻町75
電話番号 075-441-4004
URL

この記事を書いた人

元伊佐
東京生まれ。京都在住。あらゆるジャンルの音楽を聴きます。美味しいコーヒーを求めて喫茶店巡り。散歩しながら神社仏閣へ。