見どころ

旧邸御室で庭園と建築の美を愛でる

2018-09-03

双ヶ岡の麓、500坪の敷地に建つ旧邸御室。大広間から見る庭園や、随所に凝らされた建築の意匠がすばらしい、昭和初期を代表する和風建築です。特別公開中の旧邸御室を見学してみましょう。

昭和初期建築の数寄屋造りの邸宅

昭和12年に、双ヶ岡北麓の広い敷地に建てられた旧邸御室。数寄屋造りの邸宅は、玄関脇に茶室を備え、大広間には付書院や琵琶床(びわどこ)、違い棚が造られています。昭和初期を代表する和風邸宅として、平成28年に国の登録有形文化財に指定されました。第43回 京の夏の旅キャンペーンの文化財特別公開で、普段は一般公開していない邸内が2018年9月末まで見学できます。

 

旧邸御室1
普段は撮影や会議等の貸し会場として使用されている旧邸御室。めったにない見学のチャンスだ。

 

旧邸御室2
玄関を入ってすぐに茶室が設けられている。

 

旧邸御室3
付書院や琵琶床を備えた大広間の床の間。

 

 

大広間に広がる緑の庭園

洋間の天井画や大広間の欄間など見所たくさんの旧邸御室ですが、大広間から眺める庭園の美しさは別格。カリン材の机に庭園の緑が映り込み、大広間の中にも庭園が出現したかのように見えます。どこまでが本物の風景で、どこからが鏡の世界なのか、一瞬分からなくなる幻想的な光景。ずっと眺めていても飽きない絶景です。

 

旧邸御室4
洋間の天井には、花の絵が描かれている。

 

旧邸御室5
机に映った庭と、実際の庭がつながって見える。SNSで話題の景色を目当てに訪れる来館者も多い。

 

旧邸御室6
富士山を彫った欄間。右から左へ裾野が広がり、左端には三保の松原が彫られている。

 

 

借景庭園を散策

樹木や石灯籠を巧みに配した日本庭園は、双ヶ岡を借景にしています。庭園東側に設けられた階段を上ると、木造平屋造の茶室「双庵(ならびあん)」に出ます。双庵からは、庭園や邸宅が一望のもと。さらに奥には御室山が臨め、壮大な眺望が広がります。自然と建築が見事に調和した、趣向を凝らした庭園の美を堪能しましょう。

 

旧邸御室7
大広間から庭に降り、散策することができる。

 

旧邸御室8
庭の奥に建てられた茶室の双庵。

 

旧邸御室9
双庵から眺める庭園も素晴らしい。
旧邸御室
施設名 旧邸御室
住所 京都市右京区御室岡ノ裾町5
電話番号 075-366-0376
URL https://www.omuro-kyoto.jp/

この記事を書いた人

にっしー
音楽と文学をこよなく愛する関西人。母なる琵琶湖のほとりで生まれ育ち、京都に移り住んで十数年。バス停で困っている修学旅行生に道案内をするのが趣味。