見どころ

神社とパンのコラボレーション、京都パンフェスティバル

2018-10-16

世界遺産に指定される上賀茂神社の参道に、ベーカリーやホテルのパンが集まるパンフェスティバル。今年で4回目を迎える大人気のイベントが、2018年10月13、14日に開催されました。

世界遺産を舞台に繰り広げられるパンの祭典

上賀茂神社の境内を舞台に開催される京都パンフェスティバルは、平成27年に式年遷宮の奉祝行事として初開催。今年(2018年)で4回目を迎えました。過去3回で10万人もの来場客を集めた、京都の人気ベーカリーや有名ホテルなどのパンが集結する人気のイベントです。2018年は上賀茂神社の一ノ鳥居から二ノ鳥居にかけて、21店舗が建ち並びました。

 

京都パンフェスティバル1
上賀茂神社の境内を舞台に開催されたパンフェスティバル。京料理の源は葵祭の神饌(しんせん)とされ、同神社と食の結びつきが深いことから開催されることになったという。

 

京都パンフェスティバル2
土曜・日曜の10時から15時まで開催され、広い境内に多くの来場者が詰めかけた。

 

 

午前中には完売続出の大盛況イベント

京都はパンの消費量が日本一とされる、パンの町。京都パンフェスティバルには、宇治抹茶を使用したパンや、こだわりのカレーパン、バターリッチなクロワッサンなど、さまざまなパンが集結。各ブースに開始直後から長蛇の列ができて、午前中で完売する店が続出するほど。京都の人々のパン好きを物語りました。

 

京都パンフェスティバル3
各店の人気パンが勢揃い。京都ならではのオリジナルパンもあり、どれを買おうか迷うほど。

 

京都パンフェスティバル - Rinkenのクロワッサン
祇園喫茶Rinkenのクロワッサンは、フランスノルマンディ地方のバターを使用。口の中にバターの香りが広がる濃厚な味わい。
商品名:「リンケンクロワッサン」300円

 

京都パンフェスティバル - デニッシュ缶
お土産にぴったりなデニッシュ缶。その場で撮影した写真を缶にデザインするサービスも行われた。
商品名:「デニッシュ缶」500円

 

 

パン以外も楽しめるフェスティバル

京都パンフェスティバルでは、パンに欠かせない飲み物の店も。お目当てのパンを手に入れ、コーヒーをお供に境内で味わう姿が多く見られました。抽選会や顔出しパネルなど子ども向けの企画もあり、家族連れも多数来場。天候に恵まれた2日間で過去最高の来場者を集め、大盛況のパンの祭典は閉幕しました。

 

京都パンフェスティバル - イノダコーヒ
イノダコーヒのブースでは、香り高いコーヒーのほか、コーヒーに合うパウンドケーキなども販売された。

 

京都パンフェスティバル - 顔出しパネル1
嵐山の老舗精肉店・中村屋のブースに設けられた顔出しパネル。大人にも大人気だった。

 

京都パンフェスティバル - 顔出しパネル2
パン屋さんの情報を発信するアプリ「ぱんでり」の顔出しパネル。パン屋さんになれるとあって、小さな子どもが次々に訪れていた。
京都パンフェスティバルin上賀茂神社
イベント名 京都パンフェスティバルin上賀茂神社
住所 京都市北区上賀茂本山339(上賀茂神社境内)
電話番号 075-241-6172(京都パンフェスティバル事務局)
URL https://kyoto-np.jp/kp/kyo_np/info/panfes/

この記事を書いた人

にっしー
音楽と文学をこよなく愛する関西人。母なる琵琶湖のほとりで生まれ育ち、京都に移り住んで十数年。バス停で困っている修学旅行生に道案内をするのが趣味。