地元京都のスイーツな日々 地元京都のスイーツな日々一覧

桜スイーツ

その2 桜の余韻を楽しむ

桜が散ってしまった4月下旬。

少しさみしさを感じるころですが、シーズンの最終章はこれからです。

“桜スイーツ”で、春の余韻を味わってみませんか。

お店に4月いっぱい並んでいる、桜の季節限定のスイーツに注目。

今年のセレクト5品を紹介します。

【井筒八ッ橋本舗 祇園本店】

井筒八ッ橋本舗 祇園本店
まず訪れたのは、井筒八ッ橋本舗 祇園本店さんです。

「京のおやつ 桜チョコ」453円

桜チョコ

一つひとつ桜の花の形をした、キュートなチョコレート。

華やかなパッケージも気分を盛り上げてくれます。

「井筒の三笠 桜あん」162円

井筒の三笠 桜あん

たっぷりの桜あんに、生八ッ橋も入っています。
細かく刻んだ桜の葉の、心地よい香りと塩味がアクセント。

【長久堂 四条店】 

長久堂 四条店

続いて、長久堂 四条店さんを訪れました。

「鳰乃浮巣(桜のくず湯)」216円

鳰乃浮巣

鮮やかな桜の花と、周りにほどこされた繊細な模様の美しさも見逃せません。

桜のくず湯

カップに入れてお湯を注ぐと、かわいい水鳥の鳰(にお=かいつぶり)に出合えます。
葛湯は桜の香り、甘み、とろみ…すべてが上品。鳰たちは、もちもちです。

「桜韻」216円

桜韻

花のピンクと葉のグリーンが、春らしくてやさしい色あいです。
蒸した生地はふんわり、やわらか。グリーンの部分には桜の葉が練り込まれています。

【笹屋昌園】

笹屋昌園

そして最後は、笹屋昌園さんです。本記事の第1回でも訪れました。

「おむろ桜」195円

おむろ桜

こちらは通年のお菓子です。
その名のとおり、御室仁和寺の桜がモチーフ。
中は京都産の卵を使った黄身餡、外側の生地にはミルクが入っていて、和洋融合のお味が楽しめます。

井筒八ッ橋本舗 祇園本店 店 名 井筒八ッ橋本舗 祇園本店
住 所 京都市東山区川端通四条上ル北座
電 話 075-531-2121
URL http://www.yatsuhashi.co.jp/
長久堂 店 名 長久堂 四条店
住 所 京都市中京区河原町通四条上ル(河原町オーパ1階)
電 話 075-221-1607
URL
笹屋昌園 店 名 京菓子 笹屋昌園
住 所 京都市右京区谷口園町3-11
電 話 075-461-0338
URL http://sasayasyoen.jp/