食べる

「はしもと珈琲」で至福の一杯を

2018-05-07

はしもと珈琲1

 

「はしもと珈琲」は、北大路通り沿い、今宮神社への参道入り口の脇にあります。一休和尚や千利休に縁のある大徳寺から歩いて10分ほど、さらに織田信長を祀る建勲神社からも5分という場所。京都喫茶の名店イノダコーヒの猪田彰郎さんのもとで修業された職人たちが焙煎し、丁寧にドリップする一杯をもとめて、観光客や地元の方でにぎわいます。

はしもと珈琲2
今宮神社の大鳥居がすぐそばにあります。

 

はしもと珈琲3
レトロな純喫茶とも、今風の若者向けのカフェとも違う、清潔感があって落ち着いた店内。

 

はしもと珈琲4
通りに面したガラス張りの小部屋が焙煎室。

 

 

職人技の珈琲

喫茶メニューのオリジナルのブレンドは、北大路ブレンドとむらさきのブレンドの2種類。いずれも310円とリーズナブルです。北大路ブレンドは、やや深煎りの苦みの効いた一杯。むらさきのブレンドは、酸味と苦みのバランスがよいマイルドタイプ。今回は後者とハムトーストを注文しました。

むらさきのブレンドは、口当たりがよく、ほどよい酸味としっかりとしたコク。時間をかけて、ゆっくりと味わいたくなる一杯です。ハムトーストは、かりっと香ばしくトーストされたパンに、バターとマスタードの効いたスライスハム。コーヒーの邪魔をせず、あっさりとしていて朝食にぴったりといった感じです。

 

はしもと珈琲5
むらさきのブレンド 310円

 

はしもと珈琲6
ハムトースト 390円

 

カフェ・オーレ、ウィンナーコーヒー、コーヒーフロートなどアレンジコーヒーや、チーズかチョコレートを選べるケーキセットもあります。

のんびりした空気の流れる店内。常連さんは次々に集まってきます。海外からの観光客と思しき人がちらほら。熟練された確かな腕で焙煎された豆を、丁寧にドリップした一杯は格別です。まさに職人技といった堅実さを感じる味わいでした。なにも知らずにふらりと立ち寄った観光客なら、そんな一杯に京都の喫茶文化の懐の深さを感じるのではないでしょうか。

 

はしもと珈琲7
自宅でコーヒーを楽しむためのグッズも充実。

 

 

お土産には、コーヒー豆と珈琲羊羹を

多彩な産地のシングルオリジンの豆、リキッドのアイスコーヒー、オリジナルブレンドの2種類の便利なカップオンタイプ(粉の入ったバッグを開いてマグのふちにおき、そのままお湯を注いで抽出できるものなど)は、自宅用のコーヒーやお土産にも最適です。そんな中に「珈琲羊羹」なるものもあります。羊羹の甘みと珈琲の香りの絶妙なバランス。素朴ながら飽きがこない、クセになる味です。

冒頭でも触れた珈琲職人として有名な猪田彰郎さん。京都の焙煎家なら知らない人のいないこの方の焙煎する豆が購入できる貴重なお店でもあります。なんとパッケージには、原田治さんのポップなイラスト。珈琲好きから観光客まで、是非とも訪れたいお店です。

 

はしもと珈琲8
AKIO BLEND 200g 821円

 

はしもと珈琲9
珈琲羊羹 281円
はしもと珈琲
店名 はしもと珈琲
住所 京都府京都市北区紫野西野町31-1「今宮門前」交差点北西角
電話番号 075-494-2560
URL http://hashimotocoffee.web.fc2.com/index.html

この記事を書いた人

元伊佐
東京生まれ。京都在住。あらゆるジャンルの音楽を聴きます。美味しいコーヒーを求めて喫茶店巡り。散歩しながら神社仏閣へ。