見どころ

紫式部ゆかりの廬山寺で、桔梗を眺める

2018-07-17

夏に見頃を迎える桔梗の花。青紫色の花が、涼し気な印象を与えてくれます。紫式部ゆかりの寺で、桔梗の名所でもある廬山寺を訪れてみました。

元三大師によって開かれた廬山寺

御所の東側にある廬山寺は、938年に元三大師(がんざんだいし)良源によって開かれました。元々は船岡山の南麓にありましたが、豊臣秀吉の時代に現在の場所に移転。皇室と深いつながりがあり、宮中の仏事を司る寺の一つとして重要な役割を担ってきました。

毎年2月3日には、元三大師が宮中で悪鬼を退散させたという故事にちなんだ、節分行事の「鬼法楽」を見ることができます。

 

廬山寺 - 山門
御所東の寺町通り沿いにある廬山寺は、天台圓浄宗の大本山

 

廬山寺 - 元三大師堂
元三大師を祀る「元三大師堂」。毎月3日には護摩が行われている

 

廬山寺 - 御土居跡
「廬山寺陵参道」を進んだ墓地の一角に、豊臣秀吉が築いた御土居跡が残っていた

 

 

「源氏物語」が生まれた場所

廬山寺の建つ場所には、かつて紫式部の邸宅がありました。紫式部はその邸宅で藤原宜孝と暮らし、一人娘を育てていたのだとか。そして59歳で亡くなるまでの間に、有名な「源氏物語」をはじめ、「紫式部日記」や「紫式部集」などの数々の名作を執筆したといわれています。

境内には、紫式部が幼友達に贈った歌が記されている歌碑があります。

 

廬山寺 - 石碑
本堂の入り口前にある紫式部の歌碑

 

廬山寺 - 御朱印
廬山寺では「紫式部邸宅址」の御朱印がいただけ、桔梗の開花中には花のスタンプが押される

 

 

源氏庭に咲く桔梗

例年6月末頃になると、山門には「桔梗見頃です」の張り紙が。桔梗が咲くのは、本堂前の「源氏庭」。白砂に緑の苔が美しい庭に、可憐な桔梗の花が彩りを添えていました。桔梗は「朝顔」の名前で、源氏物語の中にも登場しています。

桔梗の見頃は、9月頃まで。紫式部も愛した桔梗を、ゆっくりと眺めてみませんか?

 

廬山寺 - 本堂
本堂から源氏庭へ。本堂には、源氏物語や紫式部日記の絵巻や、御物などが展示されていた

 

廬山寺 - 庭園1
平安朝の庭園の「感」を表現したという源氏庭。中央には「紫式部邸宅址」の石碑がある

 

廬山寺 - 庭園2
7月中旬頃は、特にたくさんの花が見られる
廬山寺
寺社名 廬山寺
住所 京都市上京区寺町通広小路上る北之辺町397
電話番号 075-231-0355
URL http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/