食べる

「じき宮ざわ」で美しく繊細な日本料理を

2018-04-13

2007年にオープンした、日本料理店の「じき宮沢」。看板メニューの「胡麻豆腐」をはじめ、料理人のアイデアが光る多彩な料理で人気を集めています。そんな「じき宮沢」さんの夜のコースを紹介します。

 洗練された和の空間で

四条通から堺町通を上がると、人でにぎわう錦市場の手前に「じき宮ざわ」の看板が見えてきます。店内はカウンター席が10席のみ。木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気の店内は、この日も予約客で満席になっていました。

 

じき宮ざわ1
堺町通に面した「じき宮ざわ」さんのお店。烏丸五条近くには、2店舗目の「ごだん宮ざわ」もある

 

じき宮ざわ2
一枚板のカウンターが印象的な、こぢんまりとしたお店

 

 

年代物の器に盛られた、華やかな料理の数々

夜のお食事は軽めのコースが7000円からで、しっかりとしたコースは1万円から。今回は1万円のコースをいただきました。飲み物は、日本酒や焼酎、ビールに梅酒、ソフトドリンクなど。日本酒を注文すると、「お好きなお猪口で」とカウンターに数種類のお猪口が並びます。料理はもちろん器へのこだわりも強く、見た目に楽しめるのも人気の秘密かもしれません。

 

一品目はズワイガニと昆布締めリンゴに、とんぶりと乾燥もずくをのせて。リンゴは甘すぎず、ほどよい酸味と食感を残し、紫蘇ポン酢を使いさっぱりと仕上げている

じき宮ざわのコース料理 一品目

 

二品目はイワシの大豆ソースかけ。イワシは箸でほろりと崩れるほど柔らかく、大豆の自然な甘みとコクがイワシの旨味を引き立てる

じき宮ざわのコース料理 二品目

 

三品目は車海老と海老芋の白味噌仕立て。車海老は炙って香りよく、海老の頭と殻で取った出汁を加えたスープは濃厚な味わい

じき宮ざわのコース料理 三品目

 

四品目のヒラメのお刺身は、葛を使ったとろみのある土佐醤油に、珍しい酢飯をペーストにしたあん、パリッとした焼きのりや薬味と一緒に。斬新なアイデアが光る一品

じき宮ざわのコース料理 四品目

 

五品目は看板メニューの胡麻豆腐。葛をたっぷりと使った胡麻豆腐を焼き上げ、胡麻を蜂蜜と出汁で練り上げたクリームと香ばしい煎り胡麻を合わせている。とろっとした食感と優しい味わいの、他にはない胡麻豆腐

じき宮ざわのコース料理 五品目

 

六品目はアナゴともち米のちらし寿司。ふわふわのアナゴと錦糸卵に、甘辛い椎茸と弾力のあるもち米を合わせ、香りのよい山椒醤油でまとめている

じき宮ざわのコース料理 六品目

 

七品目はサワラの炭火焼きに蕪と柚子、自家製からすみを添えて。数日寝かせたというサワラは、柔らかく上品な味わいで、柚子の風味やからすみの塩加減が美味しさを引き出している

じき宮ざわのコース料理 七品目

 

八品目はアオリイカの炙りと太ネギ揚げの温かいてっぱい(ヌタ)と松の実、一休寺納豆を合わせて。コリコリとした食感のアオリイカと揚げて甘みの増した太ネギは、白味噌の酢味噌との相性抜群

じき宮ざわのコース料理 八品目

 

九品目はクエの生レバー。仕入れた時にしか食べられない一品で、ごま油や薬味でシンプルに

じき宮ざわのコース料理 九品目

 

十品目は七種のキノコの出汁でいただく、クエと聖護院大根。4時間かけて抽出したという、キノコの旨味がぎゅっと詰まった出汁が味の決め手

じき宮ざわのコース料理 十品目

 

十一品目は釜で炊いたごはんを、漬物や味噌汁と一緒に。一膳目は蒸らす前の炊き立ての状態で、二膳目・三膳目と徐々に蒸らされていく。少量ずつ違った味わいを楽しませてくれるのが魅力

じき宮ざわのコース料理 十一品目

 

十二品目は「紅まどんな」と「あまおう」に、白ワインのジュレを合わせたデザート。果物のみずみずしさと甘さを大切にした爽やかな一品。最後にお薄と最中が出され、コースは締めくくられた

じき宮ざわのコース料理 十二品目

じき宮ざわ
店名 じき宮ざわ
住所 京都市中京区堺町四条上ル東側八百屋町553-1
電話番号 075-213-1326
URL http://www.jiki-miyazawa.com/jiki-index.html

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。