食べる

喫茶店初の登録有形文化財・フランソア喫茶室

2018-07-13

1934年に創業のフランソア喫茶室。クラシック音楽が流れるイタリアバロック調の空間で、こだわりのコーヒーと自家製レアチーズケーキはいかがでしょうか。

レトロでヨーロピアンな格調高いインテリア

「フランソア」という店名は、19世紀フランスのバルビゾン派の画家である「フランソワ・ミレー」からとられています。

見どころは、芸術・文化の香りが漂う、ヨーロピアンな格調高いしつらえ。内装は大海原をゆく自由な豪華客船をイメージして作られたといいます。実際にそこにたたずむと、創業者のフランス、ヨーロッパ文化への憧れと情熱を感じることができます。店内に流れるクラシック音楽に聴き入れば、日本にいることを忘れてしまいそうになるほどです。

レトロなワンピースに身を包んだウエイトレス、赤いビロードの張られた木製の椅子、白の漆喰のドーム型の天井、どこをとっても絵になる店内。フランソアで働きたいと憧れる人が多いのもうなずけます。

創業当時ここに集った文化人に、今でも人気のある画家の藤田嗣治や仏文学者の桑原武夫、哲学者の矢内原伊作などがいました。芸術・文化を感じさせるところにも、京都の喫茶店らしさがあるのかもしれません。

 

フランソア喫茶室1
デパートやファストファッションなどのショップが立ち並ぶ大通りから一歩足を踏み入れれば、そこは別世界。

 

フランソア喫茶室2
数々の名画が飾られた店内。

 

フランソア喫茶室3
教会のようなステンドグラスと優雅な天井のドーム。

 

フランソア喫茶室4

 

フランソア喫茶室5

 

店内のデザインは、照明や壁に掛けられた絵画(シャガール、ダヴィンチ、フェルメール、竹久夢二など)も含め、多くは当時のまま。京町家の骨組みを残しつつ、バロック様式を取り入れた内装が評価され、2003年には喫茶店では初の登録有形文化財に指定されています。

 

 

こだわりのケーキをいただく

メニューで特に人気があるのは、コーヒーとケーキのセット。今回は、定番のコーヒーとレアチーズケーキのセットをいただきました。

大山牛乳を使用した濃厚なクリームと、香りがよくコクのあるデンマーク産のチーズを使用。とろけるような滑らかな食感で、レモンの微かな香りとブルーベリーソースがチーズの味を引き立てます。

コーヒーには、レインフォレスト・アライアンスが認定し品質管理が徹底された豆を使用。香りがよく酸味と甘みのバランスのよいコーヒーです。

その他のメニューにも、2代目である現社長の立野さんによって全国から集められた、こだわりの食材が使用されているそうです。

ケーキ類は10種類以上がそろえられており、フードメニューもトーストやサンドイッチが数々あります。バニラアイスクリーム、コーヒーゼリー、そして最近では珍しいプリン ア・ラ・モードもおすすめです。

 

フランソア喫茶室6

フランソア喫茶室
店名 フランソア喫茶室
住所 京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町184
電話番号 075-351-4042
URL http://www.francois1934.com/index.html

この記事を書いた人

元伊佐
東京生まれ。京都在住。あらゆるジャンルの音楽を聴きます。美味しいコーヒーを求めて喫茶店巡り。散歩しながら神社仏閣へ。