食べる

夏本番、「木と根」の絶品かき氷

2018-08-07


木と根1

素朴で美しい日用品を集めたショップ&喫茶室の「木と根」。小さな空間に8席だけの喫茶室に、夏限定の「かき氷」を求めて多くの人々が集まります。

こだわりの日用品と喫茶のお店

阪急四条烏丸駅5番出口から烏丸通りをひたすら南へ。因幡堂と刻まれた灯籠が見えたらここを左へ入ります。そこから平等寺を左手に見ながら進んでいくと、正面に4階建ての小さなビルが見えます。クリーム色の大きな庇が目印、このビルの1階が「木と根」です。

もともとは倉庫であった建物を改装して作られただけあって、なんともかざらない外観です。

 

木と根2

 

木と根3
帰りには、因幡薬師によって参拝しましょう。

 

木と根4
店先には行列ができていることもしばしば。

 

お店に入ると、店主がセレクトした器など陶器を中心とした日用品が所狭しと並べられたショップスペースがあります。器の他にも、バッグや洋服、花入れなど、いずれもナチュラルな風合いや落ち着いた佇まいの品物ばかり。愛らしい形をしたグラスなど、一つひとつ手に取って眺めていると、時間を忘れてしまいます。

そして、奥のスペースが喫茶室。カウンターと小さなテーブルが1つあって、計8席。ですので、少人数での来店がオススメです。木の家具と小さな本棚のある、こぢんまりとした、なんとも居心地のよい空間です。秋は「渋皮煮パフェ」、冬は「タルトタタン」、そして、夏は「タルト・オ・シトロン」に「かき氷」がいただけます。一年中いただけるのは、「自家製ベイクドチーズケーキ」、人気メニューの「バナナスイートマフィン」などです。

 

木と根5
小さなテーブル席

 

木と根6
光りの差し込むカウンター席

 

 

ここでしか食べることのできない贅沢なかき氷

初夏から晩夏限定の「本日のかき氷」は、日替わりで6種類ほどの旬の素材を使用したシロップやトッピングが楽しめます。

 

木と根7
「本日のかき氷」温かいほうじ茶付き 1400円

 

こんもりと盛られたカラフルな「本日のかき氷」。この日は、緑と黄の色鮮やかなキウイとマンゴーの生スクィーズ、そして、プラムシロップ、すだち蜜、緑豆のきび煮のかき氷でした。香りのよい、ホットのほうじ茶付きなのがうれしいです。

甘酸っぱくつぶつぶとした食感を残すキウイのスクィーズと独特の濃厚な甘みが感じられるマンゴーのスクィーズは、果実感が強調されていて食べ応えあり。プラムのシロップは、ジャムのようにトロッとしていて、しっかりと甘め。対照的にすだち蜜はとても爽やかです。緑豆のきび煮は、素朴な味わいでほっこりさせてくれます。薄くスライスしたすだちも、飾りかなと思いつつ食べてみれば、シャキッとした食感とキリリとした酸味に、甘さもあって飽きさせません。きっとこんなかき氷は食べたことがないはず。いつもの「かき氷」に飽きたら、ぜひ「木と根」へ行ってみてください。

木と根
店名 木と根
住所 京都市下京区燈籠町589-1
電話番号 075-352-2428
URL http://kitone.jp/

この記事を書いた人

元伊佐
東京生まれ。京都在住。あらゆるジャンルの音楽を聴きます。美味しいコーヒーを求めて喫茶店巡り。散歩しながら神社仏閣へ。