食べる

コーヒーとおやつ 
Vol.8:天草の良いものを届ける「あまいろ コーヒーとたい焼き」

2018-11-16

京都人が愛してやまない「コーヒー」。市内にはたくさんのコーヒーの名店があります。こだわりのコーヒーとおやつで、至福のひとときを過ごしてみませんか? 四条烏丸でオープンしたばかりの、「あまいろ コーヒーとたい焼き」を紹介します。

京都と天草の良さを融合して

烏丸仏光寺の交差点を西へ進むと、「コーヒー・たい焼き」の看板がかかった細い路地が見えてきます。お店があるのは、この路地の奥。築100年あまりの長屋を改装していて、昔ながらの趣を残した居心地のよい空間です。

「天草の良いものを京都に届けたい」という思いから、オープンしたというお店。京都らしい和を感じられる店内で、天草の美味しいものと塩や陶磁器などの名産品が販売されています。

 

あまいろ1
思わず見落としてしまいそうな細い路地の奥にお店がある

 

あまいろ2
天草の廃材を使ったお手製のテーブルが置かれた、温かみのある店内

 

あまいろ3
入口近くの棚には、様々な天草の塩が並んでいる

 

 

コーヒーとたい焼きでほっこり

メニューは、コーヒーやジュースなどの飲み物と3種類のたい焼きがあります。天草にある焙煎所「赤い月珈琲」の豆を使ったコーヒーは、ハンドドリップで。ブラジルやグアテマラをブレンドしていて、酸味が少なく程よいロースト感と苦みが感じられます。

丸く可愛らしいたい焼きは、天草のたい焼き店「まるきん製菓」のレシピを受け継いでいます。生地の外はカリッと、中はもちっとした食感。オリジナルミックスにはたっぷりのつぶあんとカスタードが入っていて、ほんのりとした塩味とカスタードに混ぜられた宇治茶の香りが良いアクセントです。

段々と肌寒くなるこれからの季節、コーヒーと熱々のたい焼きでちょっと一息ついてみませんか?

 

あまいろ4
つぶあんのみとカスタードのみのたい焼きは京都限定販売。カスタードには宇治茶の茶葉を使い、京都らしさも取り入れている

 

あまいろ5
特注の鉄板に生地を流し込み、つぶあんやカスタードを挟んで5、6分で焼き上がる

 

あまいろ6
ほろ苦いコーヒーと甘いたい焼きの組み合わせは、一度食べるとやみつきになりそう
商品名:珈琲セット(ホットコーヒーのみ)500円

 

あまいろ7
中にはとろっとしたカスタードとつぶあんがたっぷり。生地とカスタードは、人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」の小山進さんが監修している
あまいろ コーヒーとたい焼き
店名 あまいろ コーヒーとたい焼き
住所 京都市下京区烏丸通仏光寺西入釘隠町242
電話番号
URL https://ja-jp.facebook.com/amairo.coffee.taiyaki/

この記事を書いた人

risato
京都と猫が大好きなライターです。お寺巡りや美術館巡り、ハイキングやマウンテンバイクが趣味です。京都の新たな魅力と楽しみ方を求めて、市内のあちこちに出没しています。